Now Loading...

業務案内

各種構造物の
点検業務を行っています。


橋梁点検業務

道路橋の各部材の状態を把握・診断し、安全で円滑な交通の確保、沿道や第三者への被害防止を図るための
維持管理を適切に行うために必要な情報を得ることを目的に実施しております。
点検結果をもとに損傷状況の把握·対策区分の判定を行い、部材単位·道路橋毎の診断結果の記録を行います。

  • 近接目視点検
  • 鉄筋探査(非破壊検査)
  • はつり調査
  • コア抜き調査
  • 反撥硬度試験
  • 中性化確認試験


トンネル点検業務

道路トンネルの変状・異常を把握・診断し、道路トンネルに必要な措置を特定するために
必要な情報を得るものであり、安全で円滑な交通の確保・第三者への被害防止を図るなど、
維持管理を適切に行うために必要な情報を得ることを目的に実施しております。

  • 近接目視点検
  • 損傷調査


道路附属物点検業務

道路附属物

  • 目視点検

    道路附属物(標識・照明施設等)の現状を把握し、変状や損傷を早期に発見するとともに対策の要否を判定する事によって事故を防止し、安全かつ円滑な道路交通の確保を図る事を目的としています。

  • 支柱埋設部調査
    (非破壊検査)

    路面を掘削する事なく、鋼製支柱埋設部の腐食·キズ等の調査を行います。
    また、測定結果の解析を行い過去の測定調査データに基づき当社独自基準による判定(Ⅰ~Ⅲ)を行います。

  • 板厚調査
    (非破壊検査)

    目視点検及び支柱埋設部調査において路面掘削要と判定された箇所について、残存板厚の調査を行います。調査結果をもとに撤去・補修・経過観察など、今後の管理における判断材料とする事ができます。


河川点検業務

堤防等河川管理施設の状況を調査する事により、流下能力及び施設の機能・構造安定性への
影響が懸念される変状の発生あるいは変化を把握する事を目的とし、
目視を主体とした点検を行っています。

  • 堤防点検
  • 河川構造物 鉄筋探査
  • コア抜き調査
  • はつり調査


道路防災点検業務

豪雨・豪雪等に関する災害危険箇所等について道路交通に支障を及ぼす
各種災害要因発生の可能性を判断する事を目的とし、実施しています。

  • 擁壁調査
  • 斜面崩壊調査
  • 落石調査
  • 土石流調査


法面点検業務

第三者被害を防止する観点から、変状などの異常(部材の落下などにより災害、
第三者被害につながるおそれのある変状等)の把握を目的として実施しています。

  • 洗浄工
  • ロープ仮設
  • クラック調査
  • 打音調査

ロープアクセス技術 (SORAT)

今後の構造物点検に活用するため、
ロープアクセス技術資格を取得して参りました。

ロープアクセス技術とは

ロープアクセス技術(SORAT)とは、いわゆる“ロープアクセス技術”の一種で、㈱きぃすとんが日本の産業界でのニーズに合わせて開発した技術です。安全を最大限に追求したうえで、いかなる高所・難所においても自由自在に移動できる点において、世界最新・最先端技術といえます。資格認定はロープアクセス技術協会(略称SORAT)が実施、資格取得のための講習会も㈱きぃすとんと合同で開催しております。